« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

どよよよーーーん

おはようございます。

10/21のワタシのブログ記事。

「昨日、他の方のブログを拝見・・・中略・・・

今年のGⅠにおけるトップジョッキー3人絡みが面白い。

3人とは、ユタカ・アンカツ・ヨコテン。

桜花賞はこの3人で、三連単27,460円。

NHKマイルにいたっては、なんと201,600円!

菊花賞もこの三人で買ってみましょうかね。」

秋天もこの三人で買えよ!

バカモンがぁー!!

2006年10月29日 (日)

あちゃー

「弟よ」馬券の方かぁ~!

個人的なことですが・・・秋天は青・森馬券

今年の秋天は、人気が割れてますね。

馬券は・・・、悩みます。

「弟よ」馬券?

どうしよう?

折角の墓参りだから、青(4枠⑦⑧)・森(厩舎⑩)馬券で行きます。

⑦⑧⑩ 三連複勝負!

2006年10月28日 (土)

♪上野発の夜行列車降りたときから~

弘前駅は♪・・・暑かったです。

Photo_4 寝台特急「あけぼの」です。

Photo_8

          

           

Photo_9

旅の定番

                                        

弘前の駅に着いたら雨模様。

ちょっと先が思いやられる雰囲気でした。

いつもの喫茶店で朝飯。

どうやら雨が上がり日差しが照ってきました。

いやーぁ、暑いの暑くないのって・・・(どっちなんだ!)

イ○ー○カドーで買い物を済まし、いざお墓のある藤崎町へ。

2_1 変でしょう?このバス停。

往きと帰りの名前が、ちゃいまんねん。

先祖のお墓に、お祈りしてきました。

「どうぞ明日の天皇賞、取れますように・・・」

違う違う、

「どうぞ皆が元気で、過ごせますように・・・」

2006年10月27日 (金)

日ハム優勝から「秋天」を考えるの心

ハムが、優勝しました。

44年ぶりの日本一。

勝1敗。

年連続でパ・リーグの勝利。

ついでに言うと、

稲葉がMVPを決めたのが、第打席のホームラン。

そして北海道日本ハムファイターズ。

もうひとつオマケに、明日青森に行きます。

(4枠)&厩舎。

天皇賞は、枠のあの馬じゃあないですか!!

「シンジラレナーーイ!」

2006年10月26日 (木)

「秋天」枠順&宿六予想(は予定通り・・)

宿 馬 名 性齢 騎 手 厩舎
1 1  △ アサクサデンエン 牡7 藤田 河野
  2   カンパニー 牡5 福永 音無
2 3  △ サクラメガワンダー 牡3 内田 友道
  4   ダンスインザムード 牝5 北村 藤沢
3 5   ローエングリン 牡7 柴田 伊藤
  6   トリリオンカット 牡6 和田 音無
4 7   スイープトウショウ 牝5 池添 鶴留
  8   コスモバルク 牡5 五十嵐 田部
5 9  △ インティライミ 牡4 佐藤哲 佐々木
  10  ◎ スウィフトカレント 牡5 横典
6 11   ファストタテヤマ 牡7 武幸 安田
  12  △ ハットトリック 牡5 やす 角居
7 13   オースミグラスワン 牡4 四位 安藤
  14  △ ダイワメジャー 牡5 安藤 上原
8 15   アドマイヤムーン 牡3 武豊 松田
  16   グレイトジャーニー 牡5 蛯名 池江
  17   ローゼンクロイツ 牡4 小牧 橋口

予定通り「弟よ」馬へ、印を打ちました。

最近、予想が「キワモノ」になってきたのが心配です。

2006年10月24日 (火)

「秋天」考察

馬 名 性 齢 騎 手
アサクサデンエン 牡7 藤田 伸二
アドマイヤムーン 牡3 武    豊
インティライミ 牡4 佐藤 哲三
オースミグラスワン 牡4 四位 洋文
カンパニー 牡5 福永 祐一
グレイトジャーニー 牡5 蛯名 正義
コスモバルク 牡5 五十嵐冬樹
サクラメガワンダー 牡3 内田 博幸
スイープトウショウ 牝5 池添 謙一
スウィフトカレント 牡5 横山 典弘
ダイワメジャー 牡5 安藤 勝己
ダンスインザムード 牝5 北村 宏司
トリリオンカット 牡6 和田 竜二
ハットトリック 牡5 岩田 康誠
バランスオブゲーム 牡7 田中 勝春
ファストタテヤマ 牡7 武 幸四郎
ローエングリン 牡7 柴田 善臣
ローゼンクロイツ 牡4 小牧   太

天皇賞(秋)のデータを、かいつまんで。

①連対20頭中18頭が3~5才馬。6才以上は苦戦。

②ローテーションは、春以来のぶっつけか、秋一叩き

③連対20頭中18頭がGⅠで連対

④連対20頭中18頭がGⅡ以上に勝ち鞍

このデータだと、スィープが有利ですね。

しかーし、ワタシはこのかたスィープを買ったことが無い!

菊花賞で「ユタカ」の弟「コーシロー」が勝ったのは、

今秋のトレンドかも。

トレンドは、先掴みをしましょう。

ズバリ、「アサクサ」の「スウィフトカレント」に◎!

「弟」よ、

と言えば「内藤やす子」

田(サクラ)・田(アサクサ)・佐(インティ)

・安(ダメジャー)・岩田やす誠(ハット)に流し馬券。

古すぎますかね?

スウィフトの騎手って、ヨコテンじゃん。

あれ、ヨコテンは嫌いじゃなかったっけぇ?

まぁ・・・・、馬に罪は有りませんから(笑)

2006年10月23日 (月)

いよいよ秋天

今週は天皇賞(秋)です。

1999年は、スペシャルウィーク⇒ステイゴールドの馬連万券。

2001年は、アグネスデジタル⇒テイエムオペラオー

2002年は、シンボリクリスエス⇒ナリタトップロード

2004年は、ゼンノロブロイ⇒ダンス

昨年は、ヘヴンリー⇒ゼンノとゼンノ⇒ダンス

もっとも、2001年以降は全てワイドですが・・・。

数少ない、ゲンの良いレースです。

今週の土曜日は、恒例の弘前への墓参り。

墓前に、天皇賞必勝祈願でもしてきます。

昨日に引き続いての「ばちあたりー!」にならないことを祈りましょう。

2006年10月22日 (日)

バチ当たりがぁ!

よりによって、幸四郎かぁ。

命日馬券は・・・

やはりバチが、当たってしまいました(涙)。

今日は「菊花賞」、でもワタシは

 場名 レース 式別 馬組
京都(日)  11R 3連単 軸2頭ながしマルチ 軸馬:12,06
相手:01,02,08,13,18

上の通り、買いました。

しかし今日の菊花賞は、ワタシにとっては準メイン。

勝負は【東京】10Rと【福島】11Rです。

なしてぇー?

実は、今日はワタシの家人の、お母さんの命日なんです。

だから?

お母さんの名前が「ツル○」さん。

供養の気持ちを込めて、

東京⑤ツルマルオトメ、福島⑭ツルガオカハヤテ

に自信の◎!

バチアタリに、ならなきゃ良いんですが・・・。

2006年10月21日 (土)

ナンだか世の中騒がしい

北朝鮮だとか、酒気帯運転だとか、またぞろイジメだとか・・・。

そんな中、ディープインパクトの薬物疑惑!

真意のほどは別として、今回のJRAの対応は

ナンなんでしょうか(怒)

特に理事長の「栄誉ある凱旋門賞に汚点を残し・・・」

云々の読上げコメント。

あれだけディープ、ディープと煽るだけ煽っておいて、

問題が起きたら我関せず。

「これが真実なら、責任の一端は我々にもある。

早急に調査して、きちんとファンの皆様へ報告する」、

くらいの事は言えないものでしょうかね。

と言いながらも、競馬は続きます・・・。

昨日、他の方のブログを拝見していたら、

興味あることが載ってました。

今年のGⅠにおけるトップジョッキー3人絡みは面白い。

3人とは、ユタカ・アンカツ・ヨコテンのこと。

この3人の組合せでの高配当は、普通考えられないですよね。

特にユタカが絡んだ場合は。

ところが、

桜花賞は、アンカツ(6人)・ユタカ(1人)・ヨコテン(5人)で

三連単27,460円

NHKマイルにいたっては、

ユタカ(3人)⇒ヨコテン(9人)⇒アンカツ(6人)で

三連単はなんと201,600円!

「長距離は達者な騎手を買え」と良く言われますが、

菊花賞は⑤⑬⑭の三連単ボックスでも、買いますか。

「ヨコテン嫌いだぁ」なんて、言ってられませんなぁ。

下手に予想するより良いかもね(笑)

2006年10月20日 (金)

た、高い!

先日某所へ飲みに行きました。

最近はへべれけさんの影響もあってか、日本酒を飲む機会も増えました。

ただ、下戸(?)ですので日本酒の良し悪しが判りません。

メニューを見て目に入ったのが、「北の誉大吟醸極上」。

北の誉酒造は、因縁浅からぬ仲(野球繋がり・・・)なので。

で、来たのが・・・

Photo_1 ??????

日本酒がワイングラスで?

す、少ない!

確かに「4号ビン¥5,040」と、メニューに書いてあるワイ。

グラス¥840ちゅうたら・・・、120ml!?

酔っ払いは飲む前に、そんなことを計算するかぁ!(怒)

普通は日本酒を頼んだら、ビンごと持ってきて「おっととととー」

なんて楽しむんじゃないかい。

板長もネーチャンも料理も悪くないのに、残念!

次に頼んだのも、Photo_2 既に注いで持ってきてくれちゃった。

あーぁ・・・。

菊花賞その2、枠順確定

 枠  馬  宿予想  馬名  騎手
 1   1     トーホウアラン 藤田
 2   △  ミストラルクルーズ 池添
 2  3    シルククルセイダー 秋山
 4    タガノマーシャル 和田
 3   5    アドマイヤメイン 武豊
 6   ○  ネヴァブション 石橋脩
 4  7    マルカシェンク 福永
 8     マンノレーシング 小牧
 5  9    インテレット 藤岡
 10    フサイチジャンク 岩田
 6  11    トーセンシャナオー イネス
 12   ◎  メイショウサムソン 石橋守
 7  13   ▲  ドリームパスポート 横山典
 14    アペリティフ 安藤
 15    アクシオン 田中勝
 8  16    トウショウシロッコ 吉田豊
 17    パッシングマーク 四位
 18   △  ソングオブウインド 武幸

2006年10月16日 (月)

菊花賞その1

GⅠが連続で、続くんですよね。

今週は「菊花賞」

2年連続で、三冠馬が出るんでしょうか?

今までの三冠トライは、ネオユニバース(3着)以外、全て連対を果たしてます。

メイショウサムソンは強いでしょうね、多分。

でも「菊花賞」と言えば、アイツ。

過去【1・3・1・3】の成績は、無視できません。

でも、以前川崎でホクトベガに跨り、圧勝!

レース後のインタビューは、地方競馬を馬鹿にしたコメント。

許せないなぁ!アイツは。

小○太(何回も言いますが調教師です。騎手の小○太じゃあ、ありません)に、匹敵するくらい嫌いなんだよなぁ。

でも、菊花賞との相性は抜群なんですよ。

多分、ワタシの◎は・・・。

2006年10月15日 (日)

戦いすんで、日が暮れて、その2

>昨日の負けを取り戻し、今年いっぱいの軍資金を確保しました。うひゃひゃひゃ。

こんなコメントが、今日入ってきました。

誰だかお分かりですよね。

そう競馬の師匠「河馬」さん。

うひゃひゃひゃ。

コレだけは、止めて頂きたい。

ブログの品位を、落としてしまいますから。

さて今日の秋華賞。ワタシの事前予想は、

◎⑯アサヒライジング

○⑤フサイチパンドラ

▲⑫カワカミプリンセス

久しぶりの完璧予想でした。

だって⑫⇒⑯⇒⑤と来たんですから・・・。

でもうひゃひゃひゃとは、いかなかったんですね。

説明すると長くなるので、ここらでオヤスミなさい。

不貞寝しちゃる!

闘いすんで日が暮れて・・・

昨日1年ぶりに、河馬さん、へべれけさんと一緒に府中参戦でした。

0610142 デカイ!

とにかくデカイ画面。それと鮮やか。

これを見るだけでも満足。

到着早々の7R。

ワイド5,500円ゲット!続いて京都8Rもゲット!

今日は大爆発の予感がしてました。

しかし、ですね・・・

東京9Rの東京オータムジャンプ。

馬券は取ることは取ったんです・・・が、

穴に狙った7枠2頭が、2頭とも落馬・・・。

内1頭が最終障害(4コーナー過ぎスタンド前)で、落馬してしまいました。

足を引きずりながらスタンド前で、倒れてしまったんですね。

スタンドは悲鳴ともため息ともつかない、

少しドヨーンとした雰囲気に包まれてしまいました。

それからいっときの静寂・・・。

目の前で馬が故障すると、やるせない気持ちになります。

特に穴狙いで買っていた馬が、落馬の憂き目に会うとね。

このレースを境にして馬券の方は、潜航していきましたとさ。

終ってみれば前半の、大爆発の予感は見事はずれチャラ。

財布の中身は増えもせず、減りもせず。

アウェーでの引分けは、勝ちに等しい!

0610141_1 これは東京7R。

そうです、ワイド5,500円ゲット!です。

その後は定番の白楽にて。

Photo_1 イワシです。

Photo_2 三つ葉とアゲの煮浸しです。

2軒目は長老のいる「どん」へ。

2006年10月13日 (金)

秋華賞、枠順確定

   馬 宿  六予想  馬名  騎手  厩舎
 1  1    キストゥヘヴン 安藤 戸田
 2    ソリッドプラチナム 小牧 田中章
 2   3    タッチザピーク 池添 田中章
 4    シェルズレイ 岩田 松田国
 3  5  ○  フサイチパンドラ 福永 白井
 6    ブルーメンブラット 川島 安藤
 4  7    シークレットコード 横山典
 8  △  ホウショウルビー 藤岡 領家
 5  9  △  アドマイヤキッス 武豊 松田博
 10  △  ヤマトマリオン 安達
 6  11    キープユアスマイル 田中勝 高橋祥
 12  ▲  カワカミプリンセス 本田 西浦
 7  13  △  サンドリオン 秋山 安田隆
 14  △  ブロンコーネ 和田 池江泰郎
 15    ニシノフジムスメ 藤田 藤原英
 8   16  ◎  アサヒライジング 柴田善 古賀慎
 17    トシザサンサン 熊沢 鮫島
 18    コイウタ 吉田隼 奥平雅

2006年10月12日 (木)

またか!と思った

朝食中に、マッハッタンの高層住宅に、

小型飛行機が突っ込んだ!

とのニュースが流れてきました。

一瞬またかと思いましたよ(汗)。

9・11の時も、飲んでいたら携帯に緊急メール。

(このボーダホンの緊急メールは、この時限りでした)

当初「ニューヨークのツインタワーに小型飛行機が激突!」

なんてニュースでしたから、

「ヘー、怖いねー」程度の感想でした。

あんな大事とは露知らずに、飲んでましたね。

今回はテロではないのでまずは安心ですが、

なんとヤンキースのコリー・ライドルという投手が操縦だって。

(ワタシは良く知りませんが・・・)

ゴジラ松井も、マンハッタンの高級アパートに

住んでいるんですよね、確か。

ひょっとしたら、松井が住んでるアパートだったかも・・・。

なんか、ゾーとする話ですね(汗)。

さてセ界は中日の優勝で、幕が閉じました。

2年連続で目の前胴上げの、屈辱を味わったG。

最後まで盛り上げてくれたTファンの方々に、

滝鼻オーナーに成り代わりまして、お詫び申し上げます。

「宿六三嫌人会」の一人が、落○博○。

ちなみに後の2人が、

尾○将○と、小○太(騎手じゃなく調教師の方ね)。

なもんで今回の「秋華賞」では、この2頭は、絶対買わない!

ブルー麺ブラッド! 川上プリンセス!

絶対買わないぞー!

いまのところは・・・・

2006年10月10日 (火)

秋華賞考察

【秋華賞】データ解析/過去10年間
(1)人気
 1番人気【3・2・1・4】。2番人気【4・2・1・3】。
 2番人気【4・2・1・3】。上位人気馬が好成績で、1、2番人気決着も4度。
 ただ、人気馬総崩れのケースも目立ち、99年には馬複9万4630円。
 00年も馬複3万10円の大波乱に。
(2)勝利数
 3勝以上の馬が17頭連対。勝ち星は多いほど信頼度は上がる。 
(3)前走・ローテ
 前走が重賞以外だった馬はわずか2頭。
 96年2着のエリモシックと00年1着のティコティコタックだけ。
 重賞組18頭の連対馬中、前走がローズSだった馬が13頭。
 ローズS組が連対しなかったのは第1回のみ←重要★
 関東のTR紫苑Sは1度も連対馬を出していない←かなり重要★★
 関東のレースを使ってきた馬は、NHKマイルC以来のファビラス、
 オールカマーのメジロドーベル、オークス以来のテイエムオーシャンの3頭。
(4)実績
 連対馬のうち15頭が重賞勝ち馬(地方含む)。
 重賞経験がなかったのはティコティコタックのみ。
 春クラシック組では桜花賞馬が7頭出走して5連対。
 オークス馬も7頭が出走して2連対。
 桜花賞またはオークスで3着以内に入った馬が出走していれば、
 その中から勝ち馬が必ず出ている←もっとも重要★★★
(5)距離
 芝1800メートル以上で連対実績がなかったのは3頭。
 まったく距離経験がなかったのはファビラスラフインのみで、
 残るヤマカツスズランとテイエムオーシャンはGI馬。
(6)結論
 過去10年間の、ワタシの秋華賞◎の成績は【0・2・0・8】
 全然自信はないが、オークス3着・米国GⅠ2着で、

 それぞれ違うパフォーマンス(逃げ・差し)を見せた

「日はまた昇る」に敢然と◎を打ちたい。

ジリ貧

場名 曜日 レース 式別 組番 払戻単価
京都 11R ワイド 07-08 1,240円

適当に的中はしてますが・・・

本来は今日10月10日が、「体育の日」。

10月10日は、晴れの特異日なので選んだそうですが。

最近の旗日(とは言わないのか・・・)は、

以前と違って日じゃないんだよね。

いずれにしても連休が多いのは、良いことだけどw。

2006年10月 8日 (日)

最高の競馬日和です

昨日に引き続き、快晴の秋空です。

爽やかー!

毎日王冠もこの秋空のように、スカッーと取りたいものです。

GⅡにしては好メンバーが揃いました。

以前は、(毎日王冠好走)⇒(秋天好走)の構図でしたが、

今やこの図式が消え去りました。

毎日王冠のポイントは、

(1)3才馬はいらない(⑧・⑫・⑭)

(2)秋天で絵になりそうな馬は消し(⑩・⑪)

(3)開幕週で先行馬有利かと思いきや、追込馬が必ず絡む

(①・④・⑤・⑪・⑮)

そこで⑮テレグノシスに◎。

毎日王冠、2年連続連対。

秋天(出ればですが)のイメージなし。

典型的な追込み脚質。

若手のホープの大野くんに乗り替り(これが一番かも・・・)。

自信の◎!

例によって、予想目は後出しでw。

2006年10月 7日 (土)

土曜日の結果

場名 曜日 レース 式別 組番 払戻単価
東京 9R ワイド 01-07 3,490円

馬連はハナ差で万券を、逃してしまいました・・・。

両メインを外してしまったので赤字でした。

昨日とはうって変わって爽やかな朝

昨日の天気は、何だったんでしょうかね。

春の嵐というのは、聞いたことがありますが、

台風以外の秋の嵐って、ついぞ聞いたことが無い・・・。

会社の帰り道、最寄の代官山駅までの歩道橋は、

骨が折れたビニール傘の山。

20本くらいありましたかね。

初めてです。

今日は昨日とうって変わって、爽やかな朝を迎えました。

でも昨日の雨で、府中は重でしょうね。

重を想定した予想は、なかなか難しいものがあります

よって、今日は京都勝負!

でも、京都も馬場が悪いんかいな。

10/14は久しぶりの現地です。

世界一のターフビジョンを、見るのが楽しみです。

予想結果はいつものごとく、「後出し」と言うことで。

ここに予想を書き込むと、当たらんもんだから・・・(汗)。

2006年10月 6日 (金)

大雨、外に出たくない1日です

朝からの大雨。

台風の影響でしょうか。

こんな日は外には、出たくないですね。

社内は皆さん(私も含めて)、風邪っ引きです。

「展示会大好き部長」のMさんも、

ゴホン、ズズズー(鼻をかむ)状態。

部下の「健康オタク」T君は昨日の午後は半休、今日は休み。

狭い社内で蔓延するのは、時間の問題です。

まあ、明日からは3連休なので大丈夫かな。

この雨が府中の馬場に、影響しなけりゃ良いけど。

昨日の「夕刊フジ」を見ていたら、こんな記事が載ってました。

「JRA新宿ウインズ閉鎖か!?」

(夕刊フジなのでオレンジにしてみました)

どうも、JRAが借りている新宿のビルのオーナーが

破産状態で、負債を請け負ったファイナンスも

怪しげな会社らしいです。

築40年のビルなので当然、耐震構造基準外。

年間売上320億(粗利は25%なんでしょうね)。

普通なら一流会社の売上金額です。

新宿駅南口から徒歩3分程度。

抜群のロケーションではありますが、

なにせキタナイ・セマイ」

他へ引っ越して「汐留ウィンズ」のような、

小奇麗な場所に変身すれば良いのに。

もっとも「汐留」には、行ったことはないですけどねw。

2006年10月 4日 (水)

迷牝!?、引退

ハルウララ、引退してしまいましたね。

確か3年前だったと思います。

福岡に出張した時のことでした。

福岡の友人と中州で20:00に会う約束をして

楽しみにしていたんですが、

生憎の雪で大幅に飛行機が遅れ22:30着。

中州は断念して、博多のホテルで侘しく缶ビール&

コンビニ弁当を食べてました。

ふとTVをつけると、NHKでハルウララ特集をやってたんです。

大病したおばあちゃんが、ウララの頑張る姿を見て

生きる希望を見つけたとか、

高知に単身赴任したお父さんが、

行きつけのコンビニの店長と仲良くなり、

初めての競馬場で走る姿に感動して、

俺ももう少し頑張ってみるか!とか。

思わず冷えた飯をほお張りながら、涙ぐんでしまいました。

ハルウララはワタシ的には、テスコガビーに

匹敵するくらいの名牝です。

今日は交流重賞の大井10R「東京盃」

ディープの悔しさを、武がここにぶつけて

(それほどのレースじゃあないけど)

⑪アグネスジェダイに◎。

⑪⇒③④⑤⑦⑫ 馬単勝負!

2006年10月 2日 (月)

残念!

ディープが、負けてしまいました。

河馬さんの御指摘通り、勝つ確率20-30%が的中。

こんなんの、的中しないでよ(>_<)

世界の壁、と言うかフランス独特の嫌らしさの壁。

ヨーロッパ以外の馬には、絶対勝たせないぞ!

凱旋門賞には、そういう感じがプンプン匂います。

以前は、3才55kに対して古馬60kの斤量差の時も

ありましたから、多少は緩和されているんでしょうけど。

ヨーロッパは、凱旋門賞が終わるとシーズンオフ。

日本はこれからがシーズン真っ盛り。

うーん、3才の強力馬を派遣するには、

6月までに、三冠レースを終わらせてしまわないとならないし、

今後も日本の3才馬が、凱旋門賞に行くことはないでしょう。

フランス、イギリス、アメリカそしてドバイ。

同じ競馬といえど、それぞれ独自の世界があり、

それぞれが排他的な気風があります。

日本が一番、迎合的ですね。

健闘は健闘ですが、期待値が大きい分だけ残念でした。

次はJCですか?

有馬ですかね?

ディープが来年もチャレンジするなら、

年初めから遠征すべきでしょうね。

有馬記念は、出なくても良いと思いますが、どうでしょうか?

ハーツに借りを、返したいですかね?

でも中山では、返り討ちにあいそうですな。

後30分!

サンデー最後の最高傑作が、

ヨーロッパの歴史を替えることが出来るか?

ごちゃごちゃ言わないで、応援しましょう。

「ディープ!差せぇーーー!」

でも夜中なのでお静かに・・・。

2006年10月 1日 (日)

衝撃の走りまで後3時間半

いよいよですね、衝撃の走り。

今日のスプリンターズは、外国馬テイクオーバーターゲットのV。

強かったですね。

と言うか最近の日本馬のレベルがどうもね。

特にスプリンターでの、GⅠクラスがいないものね。

テイクオーバーは、勝つべくして勝ったと言う事ですね。

それを読みきれない、ワタシの予想も・・・。

このウップンは3時間半後に、ディープに晴らしてもらいましょう。

★土日の成績

場名 曜日 レース 式別 組番 払戻単価
中京 2R ワイド 01-11 5,070円
中京 12R ワイド 04-17 4,350円
中京 12R 馬連 04-17 7,750円

相変らず、ワイドの高配当をゲットしてます。

しかし今週もマイナス収支。

ベッドの配分が、ヘタクソなんですな。

来週への反省材料です。

衝撃の走りまで後1日

時々刻々と「凱旋門賞」が、近づいてきました。

衝撃の走りを、見せてもらいたいですが、どうなりますか。

期待しましょう。

その前に日曜日は、秋GⅠ初戦「スプリンターズ」。

残念ながら現在、日本にはスプリンターのスターが不在です。

春に高松宮(GⅠ1200m)を勝った、

オレハマッテルゼもベストは1400m。

電撃の6ハロンを制する雰囲気を持った馬は、

昨年の覇者、サイレントのみ。

しかしこの馬も、今年は昨年の出来には程遠い様子。

少なくとも予想する上では混戦です。

そこでディープと同厩舎の、チアフルスマイル。

このレースと相性の良い、サンデー産駒。

イメージは平坦巧者ですが、日仏のGⅠを同厩舎で制覇!

といきましょう。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ